内職作業を頼むのは、納期や品質に不安があるのですが…

弊社は内職加工から始まった内職のプロです。グループ会社に障がい者就労継続支援施設があり、その点の連携は当社の強みです。

 

内職加工は、当社がもっとも得意とする業務です。約300名の登録スタッフが内職加工を行っており、一部は場内内職として作業しています。さらに複数の障がい者施設等との連携もあることから、大量ロットの対応も可能となっています。
内職加工は管理が心配と敬遠されがちですが、当社では経験豊富な正社員の管理スタッフが常時内職者を管理しています。また、ネットワークにより全国のお仕事に対応が可能です。当社では、顧客企業様からの要望がさまざまであることから、加工に従事するスタッフに対しては、主にOJTによる指導・教育を行っています。
同じような作業や加工は、できるだけ同じスタッフや内職者に任せることで、熟練度を上げて、作業効率向上に繋げています。

障害者就労継続支援施設とは

通常の企業に雇用されることが少し難しい障がいのある方に『働く場』を提供する事業です。
利用者の皆さんは、実際の業務や職業訓練を通じながら、職業技能や体調管理能力などを身につけ、最終的に一般就労を目指していきます。
事業所としてはクライアントの要望に対して質の高い作業をすることで、利用者はよりリアルな就労体験(訓練)をし、本当の意味での就労の継続となることを目指します。

詳しくは「おもてなし発送代行とは?」のページをご覧ください▶

以下の事例を詳しく紹介しています