発送代行業者のメリットと外注するべきタイミングとは?

インターネット通販などを手掛けている企業では、商品を発送する作業があり、発送作業は商品のピッキングから梱包、送り状の用意などの手間がかかります。

またギフト対応などを行っている場合はラッピングや熨斗の対応も行わなければならず人手も労力も必要です。

この記事では発送業務の負担軽減を目指している人に向けて、発送代行業者に外注するメリットや外注した方がよいタイミングなどを解説します。発送代行にかかるコストも紹介するのでぜひ参考にしてください。

発送代行業者に外注するメリット

商品の発送を発送代行業者に外注するメリットとしては以下が挙げられます。

発送以外の業務に注力できる

発送を自社で行わずに外注することで、発送以外の重要な業務に力を注げます。

EC市場は拡大を続けており、売上を効率的にアップさせるには商品開発やマーケティング施策などに力を入れて、他社との差別化を図ることが重要です。

しかし自社で発送を行っている場合はどうしても発送業務に割かれる時間が多くなり、本当に重要な業務が後回しになってしまうケースも多いでしょう。

発送業務を外注すれば、社員の負担がなくなり売上に直接つながる業務に注力できます。

誤発送を減らし発送の品質を安定させる

誤発送を減らせることもメリットの一つです。繁忙期に少ない社員で対応していると誤発送が発生する可能性が高くなりますが、発送業務のノウハウのある代行業者に外注すればその心配がありません。

また発送専用の設備やノウハウによりスピーディーな発送も可能で、素早く質の高い発送を実現できます。

繁忙期やセール期間などにも対応できる

セール時期やイベント時期、年末年始などには注文が多くなり発送する件数も多くなり、通常時の人手では足りず、臨時でアルバイトを雇うケースも多いと思います。

しかし、臨時でアルバイトを雇うよりも配送業務に関する知識が豊富な発送代行業者に発送業務を依頼したほうが効率的です。スピーディーかつ丁寧に臨機応変に対応をしてくれます。

結果的にコストの削減につながる

発送業務のコストで大きいのが、人件費や梱包資材費、配送料や倉庫の管理費などであると言われています。

発送を外注すれば、自社での発送作業が必要ないので人員削減につながります。

また商品の保管から在庫管理、発送などを一括して外注することにより、倉庫の固定費や管理費なども削減できるため結果的にコストの抑制が可能です。

発送代行業者に外注するべきタイミングは?

判断基準はさまざまですが、まずは自社での発送業務が追い付かなくなってきたかどうかを基準にするのがおすすめです。

 

扱う商品によって異なりますが、一般的には1カ月の出荷件数が200~300件を超える場合は外注した方がよいと言われています。

 

また発送業務に割かれている時間も判断基準の一つです。例えば1日8時間の労働時間のうち、半分以上を発送業務に取られている場合には外注した方がよいでしょう。

そして、注力したい業務がほかにあるケースも外注を検討するタイミングです。商品開発やSNS運用などのマーケティングに力を入れたいのに、発送業務が負担で手が回らないなどの問題があるのならアウトソーシングを導入して社員の業務負担を減らす必要があります。

これらのほかに、コストを抑えながら売り上げを拡大していきたい場合も検討段階だと言えます。

発送代行業者に外注すれば人件費などのコストを軽減できるだけでなく、発送できる件数が増えるため、キャンペーンなども打ち出しやすくなり、EC事業の拡大につながるでしょう。

発送代行の外注にかかるコスト

発送代行で委託できる主な業務は入庫・商品保管・検品・ピッキングや梱包・発送・在庫管理などが挙げられます。

代行業者によって範囲は異なるためあらかじめ調べておくとよいでしょう。発送業務を外注する際に含まれるコストとしては、以下のとおりです。

施設使用料

施設使用料は固定費の一つです。商品を保管しておくためのスペースやピッキング作業などを行うスペースの使用料が含まれます。

運用管理費

運用管理費も固定費の一つで、倉庫管理システムの使用料や発送作業を行う際に必要な費用などが含まれています。

入庫費

入庫費は商品を入庫する際にかかる費用です。この金額は取り扱う商品によって入庫方法、入庫頻度などに応じて異なります。

ピッキング・梱包費

注文内容に応じて商品を取り出すピッキング作業や梱包作業などにかかる費用です。

代行業者によって異なりますが、同封するチラシや納品書1枚当たりの単価が設定されるケースもあります。

資材費

商品の梱包資材にかかる費用です。ダンボールや緩衝材などの資材を指し、自社で用意するより発送代行業者のほうが安い場合が多いようです。

配送費

商品を配送するための費用です。宅配業者に支払う配送運賃のことで、距離や配送する商品のサイズ、利用する宅配業者などによって費用は異なります。

【まとめ】

発送業務の負担が大きい場合には、発送代行業者への外注を検討するとよいでしょう。発送業務を外注することで、重要な業務へ力を入れやすくなるだけでなく、コスト削減や発送の品質向上などが実現できます。

発送代業業者に外注する際には、あらかじめどのような業務を代行できるのか、費用について確認することも重要です。どのようなコストが含まれているのか、追加料金が発生するかなどを把握したうえで業者を検討しましょう。

例えば株式会社ロジ・ウエイズの「おもてなし発送代行」はギフト商品に特化した代行業者です。素材や半製品での入庫が可能で検品から梱包、発送まで一括で代行可能です。

またひと手間包装による複雑なラッピングにより商品の魅力を引き出すパッケージングが行えます。

ギフト商品の発送代行を検討しているのなら、おもてなし発送代行に外注してみてはいかがでしょうか。