発送作業をアウトソーシングするメリットは?どんな人や会社におすすめ?

発送代行サービスは、主に通販などのECサイトの物流業務を代行するサービスです。商品を発送する作業は商品管理からピッキング、梱包、伝票の作成など多岐にわたります。そのため、作業に手間がかかり従業員の負担が大きくなりがちです。

この記事では、発送業務をアウトソーシングするメリット、どのような場合に発送代行を利用すると良いかについて解説します。

発送作業をアウトソーシングするメリット

発送作業を自社で行っている企業も多いのではないでしょうか。

発送作業をアウトソーシングするメリットとしては、「在庫スペースが省ける」「商品管理・梱包作業が省ける」「人件費削減」「ラッピングや海外発送も任せられる」の4つが挙げられます。

ここでは、それぞれのメリットについて詳しく解説します。

在庫を置くスペースが省ける

自社で発送作業を行う場合、在庫を置くスペースが必ず必要です。店舗のバックヤードや倉庫などを契約して保管している企業も多くありますが、自社で在庫管理を行う場合には十分なスペースがなければ在庫を増やせません。

しかし、発送代行サービスを利用すれば、在庫は代行業者に預かってもらえるため自社のスペースがなくても在庫を増やすことが可能です。そのため、商品が足りなくなってしまい、販売機会を逃してしまうリスクが減らせます。

また在庫を置くスペースだけでなく、梱包やラッピングをする作業スペースも削減することが可能です。

商品の管理、梱包作業が省ける

発送作業をアウトソーシングすれば梱包や発送といった作業だけでなく、商品の保管・在庫管理なども任せられます。発送作業を自社で行う場合は商品の管理だけでなく、ピッキングや梱包作業、発送伝票の作成などの作業が必要なため手間や時間がかかり、本来の業務に集中できないケースも少なくありません。

発送代行サービスを利用すれば、自社で行っていた発送作業の手間や時間を省くことが可能です。そのため、従業員の負担がなくなり、本来の重要な業務に集中しやすくなって生産性向上などにつながります。

また、発送作業にかかっていた時間をアウトソーシングすることで、マーケティングやユーザー分析、PRなどのような、商品をさらに売り出すための戦略の構築に時間を費やすことも可能です。

人件費の削減

発送代行サービスを活用すれば、発送業務をすべて業者に任せられるため、今まで発送作業にかかっていた人件費の削減が可能です。

もちろん、アウトソーシングするには費用がかかります。しかし、商品の管理業務や梱包材料、人件費、発送費用などさまざまな費用を一本化できます。さらに費用について管理しやすくなるため、発送にかかる費用の管理がスムーズです。

人件費や梱包材料費、発送費用などの発送にかかるトータル費用と、発送代行サービスにかかる費用を比較しながら業者を選ぶと良いでしょう。

ラッピングや海外発送もおまかせ

発送代行サービスの中には、ギフト用のラッピングや海外発送などに対応してくれる業者もあります。ギフト用のラッピングには手間がかかるため、自社で行う場合には一つの注文にかかる負担が大きくなります。また、複雑なラッピングには対応できないなど、ユーザーのニーズを満たせないケースもあるでしょう。

しかし、ギフトラッピングを受け付けている業者なら、複雑なラッピングなどにも対応できユーザーの満足度が高まります。

豊富なノウハウで海外発送にも対応してくれる業者もあるため、販売機会を逃す心配もありません。

発送代行はどんな企業におすすめ?

先述したように発送代行にはさまざまなメリットがあります。発送代行のメリットをより得られるのはどのような人なのでしょうか。

発送作業をアウトソーシングするのがおすすめな企業の特徴は「時期によって注文量が増減する」「自社での物流加工が大変」の2点が挙げられます。

ここではそれぞれの特徴について詳しく解説します。どのような人の発送代行が向いているかを把握して、自社に必要かしっかりと検討しましょう。

時期によって注文量の増減がある

時期によって注文量が変動するような場合には、発送業務のアウトソーシングが向いています。例えばセールをしたり季節商品などを扱っていたりする場合には、注文が殺到する時期と注文があまりない閑散期があるでしょう。

時期によって忙しさに違いがあると従業員の確保が大変です。忙しい時期だけ従業員を雇うには通常業務に加え採用に関する業務が負担となるほか、想定している人員が集まらない可能性もあります。

その点、アウトソーシングは急な注文の増減にも問題なく対応してくれます。また、閑散期は自社の人件費を削減できるため、結果的にコストの削減につながる可能性もあります。

自社での物流加工が大変

自社で物流加工を行うのが負担になっている場合にもアウトソーシングは向いています。例えば半製品を商品化したり、複雑なラッピングが必要だったりする商品を扱っている場合には、加工に手間がかかるなど従業員への負担が大きくなりがちです。

半製品の商品化やラッピングなどに対応している業者を選べば、自社で加工する手間が省けます。ユーザーのニーズに沿ったギフト商品やラッピングなどを手間なく発送できるため、自社での物流加工に悩んでいる場合はアウトソーシングを検討すると良いでしょう。

【まとめ】

発送業務をアウトソーシングすれば、商品の管理やピッキング、梱包などの作業を任せられるため従業員の負担が軽減し本来の業務に集中しやすくなります。また、人件費の削減および発送コストの一本化、複雑なラッピングや海外発送にも対応できユーザーの満足度が向上しやすいといったメリットもあります。

発送業務のアウトソーシングを検討している場合には、「おもてなし発送代行」がおすすめです。おもてなし発送代行では、素材や半製品の商品化や複雑なラッピングなどさまざまなニーズに対応ができます。また、商品の管理から検品、ピッキング、梱包や発送まで一括代行できるため、急に注文数が増えた場合にも問題なく対応できることも魅力です。

発送代行サービスの利用を検討しているのなら、おもてなし発送代行を利用してみてはいかがでしょうか。