物流コストを削減する方法とは?企業ができることについて解説

「最近物流コストが高くて困っている…」といった悩みを抱えている方はたくさんいらっしゃると思います。

物流コストは、社内外に関わらず企業活動を行う上で必ず発生する経費の一つ。

さまざまな理由から年々高騰している物流コストを抑えることは、企業にとって必要不可欠です。

今回は、物流コストを削減するために企業ができることについてご紹介します。

 

物流コストとは

物流コストとは、企業活動において物流に起因して発生するコストのことで、物流管理費、輸送費、保管費、包装・梱包費、荷役費から構成されています。

物流コストは多くの要素から構成されているため、物流コストの削減を考えたときに、一部の内訳だけに着目しても全体のコストを抑えることは難しいでしょう。

そのため、物流コストを削減するためには、全体コストの内訳について把握し、全体のバランスを見ながら業務効率化を図ることが求められます。

 

物流コストの主な内訳

中小企業庁が発表している『物流コスト選定マニュアル』によると、物流コストは、有形・無形問わず、需要者と供給者の間に物流があれば、それにかかる費用が物流コストになります。

ここでは、物流コストの内訳についてご紹介します。(※1)

 

(※1)中小企業庁・中小企業総合事業団『物流コスト算定マニュアル』https://www.inter-stock.net/data/buturyu_cost.pdf

 

物流管理費

物流管理費とは、物流に関わる人件費を含めた企業内の物流の管理費のことで、「調達物流費」と「社内物流費」に分けることができます。

調達物流費とは、原材料を調達する際にかかる物流コストのことで、社内物流費とは、製品になる前工程や、製品化された後の輸送や諸経費、一時的な保管費などを含めた物流コストです。

 

輸送費

輸送費とは、製品を目的地までに運ぶためにかかるコストで、航空機やトラック、鉄道などを利用した際の輸送費、人件費、高速料金、燃料費などが含まれています。

輸送は物流における要といわれるほど高いコスト割合を占めているため、輸送費を上手く削減することは、物流コストを大きく削減することにつながるのです。

 

保管費

保管費とは、在庫品の品質を維持しながら倉庫に保管する際にかかるコストで、物件費や人件費、倉庫の物流機器の導入費用なども含まれています。

在庫品を倉庫に保管する際の原価は「自家保管費」と「支払い保管費」の2つに分類され、自家保管費とは自社で管理している倉庫で発生するコストで、支払い保管費とは自社以外の倉庫を賃貸する際に発生するコストです。

 

包装・梱包費

包装・梱包費とは、段ボール、板、紙、発泡スチロール、テープ、荷札など、製品を梱包する際に必要になる人件費や材料費を含めたコストのことです。

物流システムは企業によって異なるため、物流過程において包装と梱包を同時に行う場所や、同一業者で行う場合「荷造包装費」と呼ばれることもあります。

荷役費

荷役費とは、仕入れた商品を自社の倉庫に搬入したり、仕分け作業にかかるコストのことです。

荷役費の単価は、製品1トンあたりの重さで計算されることが一般的で、港湾施設利用料や関税なども経費としてこれに計上されます。

 

物流コストの削減方法

物流費用は、会社によって単価や管理方法がバラバラで標準化されていないといった課題があります。

市場において標準化されていない物流コストを少しでも抑え、利益率を上げることが企業には求められているのです。

ここでは、物流コストの削減方法についてご紹介します。

 

物流拠点を集約化する

日本ロジスティクスシステム協会が発表している資料によると、物流コストは輸送費、保管費、荷役費の順で費用がかさんでいるといわれています。

(※1)これを踏まえて物流コストを下げるために必要なことは、物流拠点を集約化すること。

物流拠点を集約化することで、倉庫の維持費や製品の保管費、拠点間の輸送費などをカットすることができます。

 

(※1)公益社団法人 日本ロジスティクスシステム協会『荷主の物流コスト』http://www.logistics.or.jp/jils_news/pdf

 

物流管理システムを導入する

物流管理システムとは、包装や流通加工、輸送や保管などの工程をオンラインで管理し、配車管理や納品管理などの業務を自動化できるシステムのことです。

物流管理システムを導入することで、人的ミスが減ったり、倉庫の利用回転率を向上させたりする効果があるため、業務効率化によるコスト削減が実現できるでしょう。

 

物流業務をアウトソーシングする

物流コストの削減を目的に、上記の方法を自社内で取り入れるのが難しいという場合は、物流業務自体をアウトソーシングするという手も。

アウトソーシングをすることで、自社内に物流に関するノウハウがないという場合であっても、アウトソーシング業者から実現可能なコスト削減の提案を受けることが可能といったメリットがあります。

 

物流コストの削減が求められている理由

全国の物流を支えているトラックドライバーは、労働環境が厳しく、長年人材不足に陥っています。

このような背景に加え、物流管理費や保管費、包装・梱包費といった諸経費も上昇傾向にあることから、各企業では物流コストの削減が急務となっているのです。

 

物流にはさまざまな人が携わっているため、作業のマニュアルやルール作りを行うことで、業務効率化につながり、今までかかっていたコストの削減につなげることができるでしょう。

 

現場の業務効率を上げて物流コストを削減しよう

今回は物流コストの内訳やコスト削減の方法などについてご紹介しました。

物流コストは運送費だけでなく、製品の保管費や管理人件費、荷役費などさまざまな要素から成り立っています。

物流コスト全体を下げるためには、要素一つひとつの中身を見直し、業務効率化を上げることが必要に。

物流コストは、「社内の拠点間の物流」「顧客へ製品を届けるための物流」「製品の部品調達の物流」といったように企業活動においてさまざまな面で発生するため、現場の業務効率を下げて物流コストを削減していきましょう。