~現場主義~

様々な産地、現場を観る。
ブランドの背景を感じる。
価値の源を知ることも、超!物流の一部だと考えています。

 

多様なギフト通販会社様の商品を発送代行する上でギフト商品が持つ価値を損なうことは言語道断です。

 

当然のことですが、非常に重要視していることです。

「このギフト商品はどのようなコンセプトか。」

「どこで・誰が・どのように作っているのか。」

 

契約前後にギフト会社様もしくは生産拠点まで足を運んで商品への理解を深めるようにしています。

 

必要に応じてこのような情報を知ることで御社のギフトブランド価値を高めるための「ひと手間」加工がより機能すると考えています。

 

弊社内に落とし込まれることにより物流作業効率化作業ミスの最小化・ギフト商品への提案力向上などにつながると信じています。

 

冒頭の写真にもありますが時には国内だけではなく海外の産地や生産現場まで伺い、こだわりや品質、商品に対する考え方をお聴きしています。

 

現地で得たもの、ブランドオーナーのお話から得たエキスが、超!物流に組み込まれ、一品一様のおもてなしギフトに進化していきます。

以下の事例を詳しく紹介しています